デリヘルは女の子が帰るまで楽しもう

"「風俗を利用したところでただ虚しくなってしまうだけじゃん」と考えている男性も多いかと思います。
しかし風俗というのは、現実ではなかなか満たすことの出来ない最高の快楽を味わうことが出来るのです。
プレイ後にあなたが『また是非とも遊びたいな』などと伝えるだけで、きっと女性も大喜びしてくれることでしょう。
なので最後はお互い気持ちよく別れるように貴方がリードしてあげることが大切なのです。

 

女性の中にはお客さんに満足してもらいたいということだけを思いつつ、うっかりと忘れモノを残してしまうことがあります。
プレイ後に退室をする時には『忘れ物無い?』などと声をかけてあげましょう。デリヘルでのお楽しみが終了したらうだうだしていてもどうしようもありません。
最後は女性とのプレイの余韻を楽しみ、軽くイチャイチャしながら別れを惜しむようにしましょう。"

風俗の専門サイト
http://www.asoviva.jp/



デリヘルは女の子が帰るまで楽しもうブログ:10-5-17

一週間位前、ある大学教授が
テレビでこんな事を話されていました。

大学の廊下にベンチがあるんだけど、
そこに女子学生が横になってたんだよね…

具合悪いのかな?って心配したんだけど、
どうやら本人に聞いてみると
そうではなくただメールを打ってたんだって。

次彼女を見たときも同じ様に横になっていたから、
ちょっと彼女の様子を見てたんだけど、
通路に背を向けて、あしを曲げでベンチに横になり、
口にはチュッパチャプスを入れ、
携帯片手にカチカチとメールをしていた。

それを見てこう感じたんだ。
「あ!彼女は赤ちゃんだ!!」
あめはおしゃぶりで、携帯はガラガラやオモチャの代わり。

寝そべっているポーズも
まさしく赤ちゃんが
まだお母さんのウエストの中にいる姿と同じだ!ってね…

この話を聞いた時に、
何かがあたくしの中でハマりました。

電車の中で一見マナー違反に見える人達も、
行動だけを見れば3〜4歳以下の小さな息子と
大差がないんですよね。

ただ使っている道具や本人の外見が息子の頃と違うだけ…
息子は電車の中で騒ぎます。
でもそれは退屈がイヤで我慢できないからです。

また息子たちの世界は狭く、
人間関係の単位は「家族」程度なので
逆にそれ以外の人の目はあまり気になりません。

もしかしたらあたくし達は
赤ちゃんや息子の頃に戻りたいのかも知れませんね。

その頃に欲しかった何ががあり、今それを取り戻そう!と
あたくし達は必死に頑張っているのではないのでしょうか?

でも他に方法が分からないように感じるので、
息子の頃と同じ行動をとる事で
あの時の感覚に近づこうとしているのかもしれませんね。

今日も電車に乗りながら
そんな事を思うあたくしなのでした。