次回もっとサービスをしてもらうために

"風俗では、全ての男性の求めている性的欲求を解消してくれることでしょう。
誰もが満足のいく風俗は数多くあるので、是非当サイトを利用して納得の風俗を見つけてください。
そもそもデリヘルというのは擬似恋愛を楽しむことが出来るのでプレイの後も恋人気分を味わってしまいましょう。
帰り間際までイチャイチャしてあげることで、女性の気分も楽になり、気持よく送り返すことが出来ます。

 

あなたがデリヘル嬢に優しく接してあげることで、次回指名した時に、意外なサービスを提供してくれるかもしれません。
通常プレイ内容とは別にオプションプレイを無料でしてくれるなんてこともあるかもしれません。男は女性とは根本的に異なっており、一度射精をしてしまうと、テンションが一気に落ちてしまいます。
しかしデリヘル嬢は、プレイ後に『気持ち良くなってくれたかな?』『また呼んでほしいな』などと考えているものですので、テンションを落とさずに優しく接してあげてください。"

大阪 風俗
http://www.asoviva.jp/osaka_fu/



次回もっとサービスをしてもらうためにブログ:03-8-17

去年の初め頃、
「とにかく今から行くから」と母からメール。

結婚してからあまり顔を見せていなかったけど、
何か母の様子がいつもと違う…

その少し前にも
ミーが勤務する旅行会社の窓口に突然父が現れ
「たまには帰ってこい」
そう言って帰って行った。

だけど、ミーは「ま、いっか」と
そんなに気に留めずにいた…

メールを受け取ってから30分後、
すしとケーキを持って
母がやってきた。

他愛ない会話をし、いつも通りの明るいお茶目な母。
そんな母と話をしているうちに、
急いでミーに会いに来た理由を聞くのも忘れて
ミーは畳の上にごろんと寝転がってくつろいだ。

…と、その時母が
「実は言っておかなアカン事があるの」
と切り出した。

怖くて聞きたくないけど、聞きたい。
ミーは語気を荒げて母を急かした。
「何?どうしたん?何よ?」

「実はね、お母さん癌になってしまってん。
でもちゃんと治療するし、大丈夫やから心配せんといてね」

ミーは、一瞬理解が出来なかった。

しばらくして
「お母さん、死なんといて」と
ミーは泣きじゃくってしまった。

「大丈夫!大丈夫!」と母は笑う。
ショックなはずなのにいつもと変わらず笑っている。
「驚かせてごめんね」と言いながら…

あれから一年…
母は辛い抗がん剤治療と手術を乗り越え、
今ふた月になるミーの息子を抱いている。

元気になってくれてありがとう!
おばあちゃんになってくれてありがとう!

ミーも母になり、
あの時泣きじゃくったミーの前で大丈夫と笑った、
強い母の気持ちが今は少しわかる気がする。