嫌いな人は嫌い!好きな人は大好き!!

嫌いな人は嫌い!好きな人は大好き!!


嫌いな人は嫌い!好きな人は大好き!!
"出張や旅行などに行って、宿泊しているホテルにデリヘルを呼んだり風俗を利用されることがある男性も多いでしょう。
最近ではインターネットで簡単に予約をすることが出来るので利用者が増えてきているのです。
男性が奴隷の立場になった時におきましては、お尻に浣腸をさせられてしまったり、ローソクを体中に垂らされるなどの行為を受けます。
女王様は常にコスチュームを着用しており、そのコスチュームは基本的には脱ぐことがありません。

SM倶楽部におきましては手コキやフェラチオなどの直接的なサービスは無く、男性はオナニーをすることになります。
女性が奴隷になった場合には逆にそれらの性的サービスを強制的にさせることが出来ます。SM倶楽部についてですが、女王様になって奴隷とされている男性を攻めていくのが一般的なサービス内容です。
また男性がご主人様となり女性が奴隷となる逆パターンもあります。"



嫌いな人は嫌い!好きな人は大好き!!ブログ:07-5-17

私は、ダイエットのために食事にも気を付けて、
運動も頑張っていたんですが、ぎっくり腰になってしまいました。

ぎっくり腰の治療中はほとんど動けませんから、
当然運動などはできません。
ひたすらジーっと布団で横になり、痛みが引くのを待つしかありません。

で、どういうわけか
食事のダイエットまでお休みしてしまいました。

本来「ぎっくり腰で運動ができない」ことと
「ダイエット」は関係ありません。
ましてや「ぎっくり腰」と「食事」なんてまったく無関係です。

でも人間心理として
「ぎっくり腰で運動できない」=「ダイエットできない」
と考えてしまい、その結果
「食事のダイエットもやめてしまう」
という図式になってしまったんですね。

やがて、ぎっくり腰が治って、ふと鏡を見ると、
そこにはでっぷりとお腹の出た自分が…
そして体重計に乗ると…

あれだけ食事と運動に頑張っていたのに、
たった1回ぎっくり腰になっただけで、すっかり冷めてしまい
ダイエットをやめてしまったのです。

そして最後に一言。
「あー、ダイエットなんてしていたからぎっくり腰になったんだ」
とか
「ダイエットなんて肉体を壊すだけだから無理しないようにしよう」
「やっぱり私はダイエットなんてできない人間なんだ」
などなど、こんな風に論理が飛躍し、
せっかく頑張っていた苦労を無に吹き飛ばすだけでなく
2度とダイエットをやらないように
自分で自分を方向づけてしまうんですよね。

そもそも、ダイエットしていたから
ぎっくり腰になるなんてことはありえません。

まったく無関係なのに、なぜか責任をダイエットに押し付けてしまい、
せっかくのチャンスを、
たかがぎっくり腰一つで吹き飛ばしてしまったのです!
嫌いな人は嫌い!好きな人は大好き!!

嫌いな人は嫌い!好きな人は大好き!!

★メニュー

デリヘルは女の子が帰るまで楽しもう
ネットリさがたまらない刺激的な風俗
マゾ男にはたまらない風俗のM性感
風俗入門として初心者にオススメ
嫌いな人は嫌い!好きな人は大好き!!
ソフトな性的サービスのあるマッサージ
次回もっとサービスをしてもらうために
親切ではない業者は完全リスト外
初めてのデリヘル業者ならメールでチェック
意外とホームページが重要な参考資料


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)大人になったら風俗遊び